*

事故歴がある車の売却について

事故歴がある車を売却しようと考えている場合、正直に言った方がよいのだろうかと悩んでしまう人もいるはずです。しかし、査定を行うスタッフはプロであるため、黙っていても見ぬかれてしまう可能性が高いのです。
また、車の売却を行う時に契約書を交わすことになるのですが、この契約書には買取査定規約というものがあります。事故歴を申告する義務があり、後で事故車であることが発覚した時は事後減額要求できるということになっているのです。
どのような場合であっても、黙っていてメリットになるとはありません。例えば、値段交渉している最中に発覚した場合は、当然、不利な立場になってしまいますので、値段交渉ができなくなってしまうでしょう。また、中には、事故歴があることを見抜いていながら高い査定額を出して買取りをし、後で発覚したということにして、減額してくる業者もいるのです。もちろん、当然ですが、本当に見落としてしまっていた場合でも、減額されたりキャンセルされたりすることがあり、返金要求されます。その他、詐欺行為に相当すると思われてしまった場合は、訴訟にまでなってしまう可能性もあるのです。
このように、事故歴がある自動車の売却を考えている場合は、事故歴があるということを、はっきりと正直に伝えるようにしましょう。発覚する確率の方がとても高いので、事故歴を隠したまま売却しようとすることは売り手側のメリットにはならないことが多いのです。


公開日:

記事はありませんでした

→もっと見る

      • カテゴリーなし
    PAGE TOP ↑